カテゴリー別アーカイブ: コトブキヤ

コトブキヤ 博麗霊夢 -松倉ねむver- (東方Project)

2011年5月にコトブキヤより発売された「博麗霊夢 -松倉ねむver.-」です。松倉ねむのイラストを剛本堂の横嶋真平氏が立体化し、ワンダーショーケース#44に選出されたモデルがPVC完成品フィギュア化された物となります。

■製品仕様
メーカー:コトブキヤ
原作:東方Project
原型製作:横嶋真平(剛本堂)
サイズ:1/8スケール,全高約200mm
発売日:2011年5月
価格:7,140円(税込)
公式サイト:博麗 霊夢 東方プロジェクト PVC完成品 フィギュア コトブキヤ | KOTOBUKIYA

コトブキヤ 白井黒子(とある魔術の禁書目録)

|ω・) コトブキヤより今月発売された「とある魔術の禁書目録 白井黒子」のレビューです。

タイトル:白井 黒子
メーカー:コトブキヤ
原作:とある魔術の禁書目録
原型製作:北池衝角
スケール:1/8(全高約185mm)
発売日:2009年03月
価格:6,300円(税込)
公式サイト:http://www.kotobukiya.co.jp/item/page/pvc_tmi_kuroko/index.shtml

[レビュー] コトブキヤ 御坂美琴(とある魔術の禁書目録)

2008年10月にコトブキヤより発売された、「とある魔術の禁書目録 御坂美琴」のレビューです。

タイトル:御坂 美琴
メーカー:コトブキヤ
原作:とある魔術の禁書目録
原型製作:清原秀昌
スケール:1/8(全高約200mm)
発売日:2008年10月
価格:6,090円(税込)
公式サイト:http://www.kotobukiya.co.jp/item/page/pvc_tmi_mikoto/index.shtml

公式サイト曰く

壮絶なバトル中の1シーンを立体化

ということで、不敵な笑みを浮かべながら能力の片鱗を見せるビリビリ。

[レビュー]コトブキヤ『こみっくパーティー 大庭詠美コスチェンジVer.』

|ω・) と、いうことで記念すべきフィギュアレビュー100本目はlogicerrorの中の人が始めて買ったフィギュアですよ。

2004年にコトブキヤから発売された『こみっくパーティー 大庭詠美コスチェンジVer.』です。スク水から体操服への着替え中の立体化という、いやはやまぁなんというか、なんともアレなフィギュアですな。

logicerrorの中の人からすると、コトブキヤはシャイニングシリーズとか、ToHeart2メイドシリーズとか、そういったシリーズ物を堅実に出す優等生キャラ。なんだけど、一応シリーズ物なのに他の商品と全く毛色がちがうドリルまーりゃんキックVer.を出してみたり、水着シリーズとメイドシリーズのつなぎにスク水メイドVer.を出してみたりと、時々変なキレかたをする……ギャップ萌え? というかまぁそんな印象です。

今にして思えばこのちゃん様コスチェンジVer.もそういうちょっとへんなキレかたをした結果なのかなぁと思ったり思わなかったり。

ちなみに原型制作は当時How(s)、現在とれぱんぐのYOSHI氏。

コトブキヤ 向坂環(ToHeart2)

コトブキヤより06年04月13日に発売となったToHeart2よりタマ姉こと向坂環です。
いろんな意味でどうしたんだコトブキヤ! って感じですね。

全体のスタイルとしては、発売前に出ていたサンプル写真からデブ姉などと言われていましたが、一応ムチムチで押し通せるんじゃないかなぁと思います。でも管理人的にはなかなか苦手な造形ですが。どうも管理人は原型氏のHIDE氏の造形と相性が悪いのかも知れません。
それに表情がなんとももにょるデキで。(;´~`)
いやまぁタマ姉は同じコトブキヤから出たドリマガ限定Ver.という比較対照があるだけに、そっちの評価に引きずられる形で評価が辛めになってる可能性もありますが。う~ん
下着がいつものコトブキヤらしからぬ事になってるだけになんとも。

レイ&アスカ プラグスーツVer.

コトブキヤより06年01月に発売された、「レイ&アスカ プラグスーツver.」です。 この製品は珍しいことにレイとアスカ、2体のフィギュアで構成されています。(分離はできませんけれども。)
なんだかとっても百合っぽい雰囲気です。 管理人的にはレイ×アスカなところがポイント高いです。 また、1/8スケールの割りには小さい感じを受けます。